子ども時代に必要な「7つの体験」

 

子どもの時の「親の接し方」で大人になったときに大きな差がつきます

 

先生や親に言われなくても進んで勉強する子どもは、大人になって「自発性」を持ちます。
大人の目の届かないところで怠けた子どもは、大人になっても同じです。
幸せな大人に育てるには「7つの体験」をさせてあげることが有効です。

 

小さな達成感を体感している
自分で立てた目標や計画をクリアする、日々の勉強や家庭生活から小さな目標を立てられる。

 

自分が大切な存在だと感じる体験をしている
伸びない子どもは親の言葉、態度、表情から「自分は認めてもらっていない」と悲しんでいる。

 

家庭で責任のある役割を持っている
責任感を体験していないと、いろいろな言い訳を考えて外部環境のせいにする。

 

自分の成長を感じられる
自分が伸びていると感じるとやる気は一気に高まる、できる自分のイメージをもつ。

 

安心できる自分の居場所がある
子どもは両親の顔つきをよく見ている、親がいつも怒っていると自分がそこにいてはならないような錯覚に陥る。

 

親子の信頼関係が実感できる
仕事や家事が忙しくなり子どもとのコミュニケーションが減ると、子どもの心の中に疑心暗鬼が生まれる。

 

頑張ってご褒美がもらえた
人は誰でも見返りがあると頑張れます、そしてお金やモノ以外にも報酬を与えることができます。

 


大人になって社会に出たときにものを言うのは、子ども時代の親との関係性です