• アルファの教育理念
  • 小学部
  • 中学部
  • 高校部
  • 個別指導マイウェイ
  • 安心安全通塾制度
トップ > 最新コラム > アルファ地名検定【70】滋賀県編

アルファ地名検定【70】滋賀県編


―日本全国のアルファ地名検定―

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。
年も新たに「滋賀県編」のスタートです。


滋賀県には日本一大きな面積と貯水量をもつ琵琶湖があります。その面積は滋賀県のおよそ6分の1にあたります。琵琶湖には100を超える一級河川が流れ込んでいますが、琵琶湖から流出する水路は、京都市へ流れる琵琶湖疎水と、河川では瀬田川1本のみです。瀬田川は「宇治川」「淀川」と場所によって名前を変え、琵琶湖⇒京都⇒大阪湾へと流れ込みます。これらの水流を通じて琵琶湖の湖水は飲用水や工業・農業・発電用水に利用されています。滋賀県はもちろん、京都市や、西は神戸市、南は大阪府岬町にまで及ぶ京阪神地域を支える貴重な水源となっています。
琵琶湖はおよそ400万年以上前に形成され、次第に形を変えながら北へと移動し、40万年ほど前に現在の位置に至ったと考えられています。周辺からは縄文時代や弥生時代の遺跡や土器、舟などが出土しており、湖底からも80箇所もの遺跡が見つかっています。古代から生活用水・漁業・輸送手段として利用したり、文化をはぐくんだり、琵琶湖と人々との暮らしは密接に関わりあってきました。
しかし、高度成長期以降、水質汚濁・富栄養化・生態系の変化などの問題が琵琶湖を脅かすようになりました。1970年代に始まった「石けん運動」(当時広く使用されていた、富栄養化の原因となる「りん」を含む合成洗剤ではなく、天然成分を主とする粉石けんを使おうとする運動)は琵琶湖の環境を守るための様々な条例の施行や新たな運動にもつながっていきました。
近年では琵琶湖に流れ込む河川の流域ごとに環境改善の取り組みが行われるようになってきました。活動はそれぞれ多岐にわたりますが、琵琶湖を健全な姿で次世代に残していこうという共通の目標を持って、住民の皆さんが琵琶湖を守っています。



▼正解は、それぞれの 答え の上にマウスを乗せてみてくださいね。

山階町 (長浜市)
答え
木之本町きのもとちょう山梨子 (長浜市)
答え
口分田町 (長浜市)
答え
高月町たかつきちょう西阿閉 (長浜市)
答え
相撲町 (長浜市)
答え
香花寺町 (長浜市)
答え
高月町たかつきちょう馬上 (長浜市)
答え
湖北町こほくちょう馬渡 (長浜市)
答え
西浅井町にしあざいちょう岩熊 (長浜市)
答え
檔鳥坂 (長浜市)
答え


次回もチャレンジ!


バックナンバー
アルファ地名検定―富山県編―
アルファ地名検定―新潟県編―
アルファ地名検定―大阪府編―
アルファ地名検定―石川県編―
アルファ地名検定―岐阜県編―
アルファ地名検定―長野県編―
アルファ地名検定―三重県編―
アルファ地名検定―愛媛県編―
アルファ地名検定―福井県編―
アルファ地名検定―広島県編―

アルファ地名検定―静岡県編―
アルファ地名検定―京都府編―
アルファ地名検定―滋賀県編―





▲ページトップ